内装・座席

・車内

【1次車】

8000系の車内は6次車を除いてどの車両も同じ意匠となっている。

登場時の1次車は床敷物がグレー一色であったが、現在ではC修繕施工後のため、フットラインの入った床敷物となっており、併せてドア周りのゴムも黒色のものに交換されている。

(8005−2002.10)

【2次車】

1次車とほぼ変更点はなく、2次車も既にC修繕施工後のため、床敷物、側引戸のゴムなどが落成時と比べ異なっている程度の変化が見られる。

(車号失念−2002.10)

【3次車】

側引戸脇の手すり寸法が2次車と異なっている。

3次車は今までに主な更新が行われていないため、唯一床敷物が落成時のまま(フットラインなしのグレー)となっている。

(8012−2002.10)

【4次車】

4次車からは床敷物に0x系同様フットラインが入れられた。

1、2次車更新時の床敷物は、4次車と同様のものが使用されている。

(8016−2002.11)

【5次車】

車内表示器が取り付けられている以外は4次車と同様となっているが、化粧板に光沢のあるものが使用されているのが唯一異なる部分である。

(8010−2002.10)

5次車のみに設置されている車内表示器。

一度に全角11文字を表示、ドア開閉チャイムが鳴動するものが各扉上に設置されている。

構造は03系5扉車で使用されている表示器と同一のものと思われる。

基本的に次駅表示、案内表示は自社線内で行われ、乗り入れ先では画像のような行先固定表示のみとしている。

6000系や7000系にも同仕様の車両が存在するが、同時期の製造ながらそれらとは異なる形状の表示器を使用している所が興味深い。

【6次車】

構体に準じ車内も9000系をベースにしたものとなっている。座席は一人当たりの幅が20mm拡大され、バケットシートが採用されている。

なお、6次車には5次車のような車内表示器は設けられていない。

(8607−2002.10)

【B修繕車】

B修繕車の車内では化粧板、床敷物の更新が行われ、袖仕切りも化粧板の柄が変更されており、明るめのイメージでまとめられている。

(8003−2009.05)


・化粧板

【1〜4次車】

アイボリー系でまとめられている。

妻面や袖仕切りの化粧板は緑色がかって見えるが、これは経年により変色しているためである。

(8212−2008.10)

【5次車】

 

【6次車】

 

【B修繕車】

淡いパープルを帯びたホワイト系に更新され、清潔感のある内装となっている。

未更新車は天井板と妻部板で2種類の柄を使用していたが、B修繕車では両方とも同一のデザインとなっている。

ただし貫通扉はアイボリー系となっており、こちらは6000系などに酷似している。

(810?−2008.10)


・座席モケット

【1〜5次車】

ワインレッドを基調に、初の試みとして織り込み模様で着席区分を示したものとなった。
着席区分の織り込みは8000系での採用以降他路線に波及したデザインである。

(8009−2008.10)

【1〜5次車優先席】

ブルーにシルバーのエコーラインを入れており、旧世代の車両から伝統的に使用されていた柄となっている。

(8109−2008.10)

【6次車】

ラインカラーを意識してかパープルを基調としている。

袖仕切り部分にも使用している所はベースとなっている9000系と同様である。

(8607−2002.10)

   

【モケット更新車】

2002年頃より座席モケットが順次交換されている。

B修繕などの車両更新とは別に行われており、09編成のように更新車でありながら座席は未更新という編成も存在した(2009年交換済)。

 

(8007−2003.02)

【モケット更新車−6次車】

モケット更新車においては6次車も同様のデザインとなっている。

仕切り部分もしっかり交換しているあたり芸が細かい。

(8707−2003.02)

【モケット更新車】

淡いパープルに着席区分が織り込まれたものとなっている。

(8212−2008.10)

【モケット更新車優先席】

ブルー基調であるが更新前と同様着席区分の折り込み等は特にされていない。

(8212−2008.10)