過負荷表示灯


制御装置を持つM1またはMc1に設置されている無色の表示灯である。

2000年頃(?)から不使用により順次撤去が行われ、現在では残存している車両は存在しない。

撤去の理由は不明。

(8804−2001.09)

【1】使用中止車

使用中止直後よりしばらくは、表示灯そのものを車体と同じ銀色に塗装し、不使用扱いにしていた。

(参考:7934−2008.10)

【2】簡易撤去車

2002〜2003年頃にかけて(?)順次灯具の撤去が行われた。

撤去された部分には蓋がされ塞がれている。

(8313−2008.09)

【3】撤去車(B修繕車)

B修繕車は更新時に灯具部分を完全に埋めている。

埋めた部分の質感の違いが判る。

(8303−2008.09)