簡易運転台


8000系には車両基地内で分割運転ができるよう、編成中に簡易運転台の装備、または可搬式簡易運転台に対応した設備が設けられている。

簡易運転台装備(対応)車は“c”で表され、第01編成〜09編成の未更新車においては第5車両の2端、第6,8車両各1端の3箇所、第10編成〜19編成においては第5車両の2端、第6車両の1端の2箇所に装備され、5両ごとに分割できるようになっている。

初期車のみ第8車両にも簡易運転台が存在しているが、8両編成時代(3+5で分割)の名残である。

 

1,2次車の場合、簡易運転台を持つ側の妻部片側(2側)に運転用の灯具が設けられており、外観から装備車両である事が判別できる。

3次車以降は簡易運転台の機器を可搬式とし、車両には搭載しない設計に改められた為、灯具を含めた簡易運転台の装備は1,2次車にしか存在しない。

(8504−2009.04)

車内より

(8508−2009.05)

B修繕が行われた1,2次車については灯具は撤去されている。
3次車以降と同様の可搬式に対応できるように変更、併せて装置が撤去されたのではないかと推測される。撤去された灯具部分には蓋がされている。

ただし、前述の理由により第8車両のみに関しては簡易運転台を使用する必要が無いため、簡易運転台機能自体が撤去されている可能性がある。

蓋を止めているビスについては車両により差があり、同編成内においても取付本数が異なっている。

(8507−2009.02)