床敷物


【1〜3次車落成時】

グレー一色となっている。

(8212−2008.10)

【4次車以降・1,2次車C修繕後】

通路部分にイエローのフットラインが入っている。

(8115−2008.10)

   

【B修繕後(その1)】

初期のB修繕車(第01,02,03,06,09の各編成)はパープル地のものを使用し、08系とイメージを合わせている。

なお、6次車については床敷物の更新は行われておらず、編成内の6次車介入不介入に関わらず、このタイプは1,2,4次車のみの採用となっている。

(8803−2009.05)

【B修繕後(その2)】

平成20年度出場車よりグレー地のものに変更されている。

同仕様の6000・7000系更新車にも使用されており、共通の敷物に統一されたものと思われる。

(8207−2009.02)

【B修繕後(07編成のみ)】

6次車についてはB修繕後においても床敷物の更新は行われていなかったが、07編成のみ6次車も更新されている。

(8707−2009.02)