銀座駅



マーキュリー像が初めて設置されたのが銀座駅である。

新聞の記事によれば、当初「8か所ある地上出入口に2体づつ置かれた」と記述されている。しかしながら、出入口の形状や、メトロ文化財団の所有する過去の写真などから推測すると、すべての出入り口に2体置かれていたというわけではなさそうである。
当時の設置場所は、上記写真の出入口でいう道路側の袖(手前側に飛び出ている部分)の辺りであった。

現在では設置場所を駅構内へと移し4体が改札内に置かれている。
文献によると1964(昭和36)年、銀座総合駅として駅改修がなされた際に改札へ移設された事が分かっており、その際設置数が整理されて4体になったものと考えられる。

【追記】2019(平成31)年現在、中央改札の1体は駅改良工事に伴って撤去されている。

 

像については初期制作分であり、首の後ろに「sueokasagi」と小文字でサインが記されている。

台座部分には解説が設置されている。
元々は銀座駅職員によるものと思われる解説が貼られていたが、2008年頃にプレート状の解説が作成された。

 

設置個所

【1】銀座四丁目交差点改札(1)


【2】銀座四丁目交差点改札(2)

【3】数寄屋橋交差点改札

【4】中央改札
   

現在は駅改良工事に伴い撤去されている

2019(平成31)年1月撮影


 

 

もどる