姫路市立美術館


作者である笠置の縁の地と言う事で、姫路市立美術館に像1体と石膏によるモデルが1体、それぞれ収蔵されている。

美術館の方の話によると、1990年頃にご家族より寄贈を受けた作品群のうちの一つであったとの事であるが、姫路市が刊行している姫路市史によると、「1991年鋳造」との記述があり、保管されていた物が寄贈されたのか、寄贈に際し新たに像を作ったのか、はっきりとした経緯は明確ではない。

これらの寄贈された笠置作品群は市立美術館の傍にある城内図書館内に置かれており、館内に併設された日本城郭研究センターのフロアに記念室「笠置季男ギャラリー」として整備・展示されている。当初はマーキュリー像もこの中の展示物とされていたが、現在は非公開とされている。
城郭研究センターの方の話によれば、美術館での展示等で持ち出される事があり、その後戻らないまま美術館側で保管されている為、とのことであったが、美術館の方は「館内での展示がない場合は城郭研究センターにある事が多い」という説明で若干の食い違いがあり、こちらも正確なところは分からない。

どちらも市の施設である為、あまり厳格に所有を定めて管理しいるというわけではないのかもしれないが、いずれにしても現存する像の中で唯一、金色に輝くオリジナルのイメージを見る事ができる貴重な1体である。
なお、収蔵されている像・石膏モデル共に初期制作分である。

城郭研究センターが併設されている城内図書館。

「笠置季男ギャラリー」として日本城郭研究センターのフロアに展示されている笠置作品。1991年に整備され、当初は右の画像中央付近にマーキュリー像が置かれていた。

 

 

設置個所:非公開

 


 

もどる