銀座線旧型車の年代ごとにおける形態の変化を調査しています

1800形

運転台は廃車まで全車残存となっている。
昭和40年頃からIRが搭載され、2端側にアンテナが2本設置されている。
昭和40年〜43年頃にかけて前灯シールドビーム化されている。

側引戸はB修時に全車Hゴム支持の小窓のものに交換されている。


1900形

運転台は廃車まで全車残存となっている。
昭和40年頃からIRが搭載され、2端側にアンテナが2本設置されている。
昭和40年〜43年頃にかけて前灯シールドビーム化されている。

昭和43年の固定編成化に際し、1927の1端側のみレスポンスブロック受けが設置された。

側引戸はB修時に全車Hゴム支持の小窓のものに交換されている