直通時代の花火ライナー

 

丸ノ内線との直通時代の画像を掲載しています。

平成7年の運行(7月29日)

1号(第33編成)

花火のイラストにLEDを組み込んだヘッドマークを着けています。。
「花火ライナー」には当時最新鋭であった冷房車が充てられており、LED幕車である事もあって画像のように案内や愛称を表示できるようなプログラムがなされていた時期も存在します。

2号(第35編成)

1号と同様の意匠のヘッドマークですが、紺地の1号に対しこちらは黒地のもの。
この年は花火が3つ描かれたものを使用していますが、同デザインで花火が2つ描かれているものも存在します。

また、側面にも装飾が入っている事がわかります。

3号(第34編成)

ヘッドマークそのものがLEDの表示機になっており、花火や浅草の名所などのアニメーションパターンを一定の間隔で表示していくものです。
このタイプが使用されたのは僅かな期間のようです。


もどる