調査室

花火ライナーの経歴と「花火ライナー調査室」の概要

隅田川花火大会の観客を輸送するために平成4年より登場したのが、この「花火ライナー号(以下花火ライナー)」です。赤坂見附にある連絡線を使用して丸ノ内線の荻窪から銀座線の浅草までを結び、特製のヘッドマークや飾り付けの施された直通列車(01系)が毎年最大3本運行されていました。

この花火ライナー、利用者の減少から平成11年を最後に直通運転は行われなくなってしまいましたが、現在でも開催日には花火大会をアピールする(?)列車として銀座線内を運行しています。この「花火ライナー調査室」では、そんな本来の役目を終えながらも銀座線でひっそり活躍する花火ライナーの動きを平成13年より毎年紹介していく予定です。


番外編(銀座線に関するイベント列車など)
平成14年〜15年にかけての運行 (新春ライナー号)
平成15年8月の運行 (メトロで遊ぼっ!)
平成16年4月の運行 (東京メトロ誕生記念列車)
平成16年七夕の運行 (ひこぼし号)
平成16年12月の運行 (東京メトロクリスマス号)
平成17年元日の運行 (新春ライナー号)
平成17年3〜5月の運行 (東京メトロ一周年記念列車)
平成17年5月の運行 (5・5ちびっこメトロ号)
平成17年6月〜3月の運行 (My東京メトロ号)
平成17年7月の運行 (ひこぼし号)
平成18年2月の運行 (ドラえもん号)

●華火ライナーについては扱っておりませんのでご了承下さい●


もどる