直通時代の花火ライナー

 

平成11年まで運転されていた丸ノ内線との直通時代の画像を掲載しています。

平成9年の運行(7月26日)

1号(第32編成)

ヘッドマークは平成7年の1号のものとよく似ていますが、こちらは黒地のもの。
おそらく、平成7年運行の2号のものと同時期に製作されたものではないかと思われます。

2号(第34編成)

川の流れと花火をイメージしたヘッドマークが取り付けられ、愛称上部の花火と外側の縁の部分はLED、川の部分はホログラム素材で表現されています。

反対側の先頭は同じイメージで青系のデザイン違いと非常に凝っています。

3号(第35編成)

平成7年の2号運用でも登場したタイプです。


もどる